忍者ブログ
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誕生日の前夜、ダンナが不在というプレプレゼント。

だからネットで遊び呆けていた。

しかし、遊び呆けもそろそろやめて、さてさて家に帰ろうと思う頃(事務所でネットをしていて、別棟の自宅に戻るという意味)、電話が鳴る、不吉な電話である。

果たして、ダンナであった。

「ゴリラへ電話して5人予約しといて。」
「ほんで、Mタクシー(うちのすぐ近所に営業所がある)に乗って遊食房屋(居酒屋)まで迎えに来て。」


注:ゴリラというのはカラオケボックス店の名前。

つまり、彼は、今夜あるご夫婦と、もうひとりの友人と4人で居酒屋で飲んでたわけ。カラオケへいこうということになったとき、カラオケ店の電話がわからなくて、調べるより私に電話をさせようと思ったわけ。で、ついでに私もカラオケに誘ってくださったわけ。有難くって涙がでらー。

だって、今夜はさ、これから山田太一様の久し振りの新作ドラマを、一人でゆっくりと楽しもうとしていたんだもの。
ネットを切り上げて家に帰ろうとしていた矢先だったわけさ。

「5人って私も行くわけ?」
「うん、ひしゃこしゃん(ご夫婦連れの奥様のほう。ヒサコさん)もキミのこと待ってるし」
「ええええ、だって今夜は山田さんのドラマが…」
「録画してんのやろ?キミ誕生日イブやし、お祝いやん」

イブやから一人で楽しましてくれー、というのは心の叫びだ。

ダンナは、私が断わるとは思ってなくて、大喜びでしっぽ振ってやってくると思っているらしい。
ここで、ドラマに固執すると「キミは山田太一とボクとどっちが好きやねん」とかわけのわからんことを言いそうである。(ダンナこの時点で酔っ払っている)
そんなこと言わずもがなではないか。世の中のよろずごとの中でダンナより好きなものの方が圧倒的に多いんだからな。言うとくけど。

「ええええ、今日大掃除して汗かいてるし、出かけるとなったらお化粧せなあかんしめんどくさいな」とちょっと渋ってみたけど、もう酩酊状態のダンナには届いていない。
「ほな、待ってるしなー」とご陽気に切れてしまった。

だから8時40分から哀れバースデイイブのタバスコはカラオケに引っ立てられていったのであった。


そして3時間歌いに歌って、帰ってきて、寝るタイミングを失ってこんなところを彷徨っているのであった。

ああ、51歳のよからぬ幕開けであることよ。

この1年が思いやられる誕生日であることよ。

それにしても、天城越え、うまかったなー(タバスコ自画自賛)今日のカラオケはエコーも誕生日サービスにつきひときわ効いていたときたもんだ。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 77点 HOME
プロフィール
HN:
タバスコ
年齢:
61
性別:
女性
誕生日:
1956/05/26
職業:
兼業主婦
趣味:
広範
自己紹介:
おもろいおばはん
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/01 タバスコ]
[07/30 ひる]
[12/13 タバスコ]
[12/12 NONAME]
[12/12 まちゃこ]
最新記事
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]