忍者ブログ
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は、生理痛に長年苦しんでまいりました。

中学時代は、毎月学校で倒れていました。
痛みを我慢している間にぼうっとして倒れてしまうのです。

バッタリ倒れてしまうときもあったし(朝礼のときバッタリ倒れた私を男性教諭がヒイヒイ言いながら抱き上げてかかえて保健室へ連れて行った様子はおもしろかったそうです←友人談)、そうなる前に自分で保健室のベッドに倒れこむ場合もありました。

数年周期で特にひどい時期もあり、比較的楽に過ごせた数年もあったような気がしますが概ね生理痛は、私にとっての難題であったわけです。

出産の折の陣痛は、あれは生理痛の大親分みたいなものでしたね。

どちらも痛みが波状的にやってくる。

その波は引いてしまうとウソのように全く痛くなくなるんだけれど、ある時間を置いて必ず次の波が来る。
寄せてくる痛みの波のうねりをただじっとこらえて待ち、その波はどんどん膨れ上がってやがて頂点が来て、波頭がくだけ、そして引いていく。

違いは、陣痛の場合はその波の打ち寄せる間隔がどんどん縮まっていき、生理痛は間遠になっていくわけです。

陣痛の痛みを私は分娩室の隣の予備室のような部屋でひとりで耐えていました。

実家に帰省して出産したんだけど、そのころ両親は商売に忙しかったので、いつ分娩が始まるかもしれない娘のそばに付きっきりでいられるような余裕はなかったのでしょう。ま、誰かがそばにいたからといってちっとも助けになるとは思わなかったけれど。

暗鬱な空模様のその日のことを私は妙に忘れがたくいる。
風の強い日で、風の音を聞いていた。
あと、有線から流れる軽音楽のこと。一日中聞いているとそれもまたある周期で同じ曲が何度もかかる。

私は、出産に対してあまり歓びをもってその日を迎えていたわけではなかった(とにかく子供嫌いだったのだ。でも、子供は欲しくない、と主張するほどの論理的根拠があるわけではないので、妊娠したからには出産という事態を不承不承受け入れていたような心持)。
暗鬱な空模様というのは私の心象によるのかもしれない。
(産んでみるとこれがチョー可愛くて、その子に夢中になってしまうばか母人生については、それはまた別のお話)

そういう分娩直前の、陣痛の波の到来をじっと待っていた一日を覚えている。
多分、毎月生理痛に見舞われるたび、その大親分のことを思い出すことによって、ヒカリが25歳となるこの年月の間、その一日のことを忘れがたくいるということなのかもしれない。



ここ10数年は、生理痛はそんなにひどくはなかったんだけれど、この数年、月によってはひどく痛くなることもある。もうバッタリ倒れるほどということはないけれど。

で、今朝もその痛みに襲われている。

ダンナは、ラストスパートちゃうか、などという。

ラストスパート、それはタバスコの女としての人生の、っちゅうことかな。



PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
タバスコ
年齢:
61
性別:
女性
誕生日:
1956/05/26
職業:
兼業主婦
趣味:
広範
自己紹介:
おもろいおばはん
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
[08/01 タバスコ]
[07/30 ひる]
[12/13 タバスコ]
[12/12 NONAME]
[12/12 まちゃこ]
最新記事
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]