忍者ブログ
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「すいか」脚本家のこの人(たち)のことを私は、「すいか」以来特別な人(たち)と思ってた。

それは17歳のとき「それぞれの秋」を見て山田太一って名前の人間に特別マークをつけたみたいな感じで。

こんなに私の心を揺さぶるドラマ、を書く人に限りない敬意をささげ、敬意だけじゃなく敬慕というか敬愛というか畏怖というか、人間が人間に対して持ちえる最高の好意のあらん限りをささげたい気持ちになった。

きっと小説だって映画だって絵だって感動したものには人はその作者にそのような気持ちを持つんだろうと思いますが、どうも私はテレビドラマに対してそういう気持ちを持ちやすいみたいだ。(多分そこにはテレビドラマが他の芸術に比して世間的には軽んじられているという傾向があるからかもしれない。映画や小説の名作には私がささげなくても世の中の多くの賛辞が集まるからほっといてもええやろと思っているのかもしれない。そんなことはいつも意識してるわけじゃないけど、どうもそういう傾向は私にはあるのかも)

だから木皿泉という名前は私の中で特別マークがついていた。2003年の夏からね。

特別マークがついているからといってその人のことを特別に追究したりしないところが私の怠惰なところで、世の中には好きになるとその対象について調べつくす人がいはりますね。で結構な成果を上げる人もいる。そういうことに対しても私は「ほう、へえ」と素直な敬意を示します。でも私は怠惰だからできない。ただ心の中でこの人は特別な人だと思い続けるだけ。

だから木皿泉のことも特別だと思っている割には何にも知らなかった。
どうも木皿泉は木皿泉という個人ではなく男女のペアの共作としての作品に使っているペンネームらしいという程度のことしか知らなかった。ま、それで十分かなと、怠惰な人間はそういう理屈も持つ傾向はある。


今回木皿泉が「きさらいずみ」ではなく「きざらいずみ」であったことを知って、それだけは申し訳なく思った。好きな人の名前ぐらいは正確に知っておくべきだった。何が敬意のあらん限りをささげるだ、ちゃんちゃらおかしい、と自分を恥じた。

それ以外のこと、木皿さんの男性のほうが、「すいか」後脳卒中で倒れられていたこと、女性のほうがセクロボ執筆中にうつ病になられたことなどはまったく知らなかった。

2007年にはこのお二人が結婚されたことも知らなかった。
「すいか」当時のお二人のエッセイではただのお友達関係なのかと思わなくもなかったんだけど、恋愛関係ではあったらしい。
いや恋愛関係って言葉はふさわしくないのかもしれない。
木皿(女性)さんはほぼ私と同年齢(1957年生まれ)で短大時代に大島弓子に出会ったと特記しているからにはそのような影響を受けたってことなんだろう。そこだけでも私は震えるくらいなものを感じた。私も大島弓子にであったのは20歳を過ぎてからなのだ。なんでもっと前にこの人のことを知らなかったんだろうと思い、いや、この年齢で初めて大島弓子を知るのは幸運でもあるのかと思ったりもした。木皿(女)さんがそのように思ったかどうかはわからないけれど、似たような気持ちになられたのではないだろうかと思わずにはいられない。

女木皿は放っておくとお風呂も入らない、歯も磨かない女らしい。
結婚を報告したとき双方の親類は「こんな男(女)と結婚して相手が気の毒だ」と同様の感想を抱いたらしい。
男木皿もまた「性格に問題あり」と周囲の人間に評されるようなところがあったとか。
でも、40歳近くになってから出会い同居しだした二人はお互いに、「良くぞ出合えた!」と思える相手だったらしい。

そういう出会いが人生にはあるのかと、ここで私はものすごく感動しちゃったのだ。

あんな名作中の名作を生み出した木皿泉だけど貧乏は相変わらずで、「もう、むじんくんにも相手にされない」らしい。

それは貧乏を忌み嫌ってないからの現状なのだろうな。

貧乏はもちろん歓迎すべきものではないけれど貧乏を忌避しすぎてとんでもなくうっとうしいものを背負い込むという非を犯しがちな人間どものことを考えると、こういう選択ができる余裕を手に入れているこの人たちへのまた別の敬意が私には生まれてくる。


でも何よりも、人生の半分以上を過ぎてから出合った男女が、出会ったことで奇跡のような名作ドラマを生み出し、いまなお、一緒にいることが楽しくてたまらないという生活をしていることに、めちゃめちゃ感動してしまった。

タバスコはこういうことに感動しちゃうの。

アエラの記事なんですけどね。

ダンナが「キミのために買うてきたんやで」って言うんだけど、こういう心遣いはできる男なんだけど、悪いけどキミと暮らして一緒にいることが楽しくてたまらないとは到底思えない奥さんなのよ。
何が悪いのか、それはキミだけの責任ではないことはちゃんとわかってる。

つまり私の人生に奇跡は起こらなかったというだけのことなんだけどね。

お二人とも病気を抱えている身。
めちゃめちゃお元気な方たちではない。
それでも十分に健康に留意されながら一本でも多くの名作ドラマを残していただきたいと切に切に願うものです。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 水島 HOME やけくそ >>
プロフィール
HN:
タバスコ
年齢:
62
性別:
女性
誕生日:
1956/05/26
職業:
兼業主婦
趣味:
広範
自己紹介:
おもろいおばはん
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[08/01 タバスコ]
[07/30 ひる]
[12/13 タバスコ]
[12/12 NONAME]
[12/12 まちゃこ]
最新記事
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]