忍者ブログ
[66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まだ始まってもいないお話ではあるけれど、このタイトルだけで様々な想像が広がる。

番組宣伝などは私は極力みないようにしている。

始まる前に、自然にかき立てられる期待だけでもうお腹いっぱいになってしまう。

タイトルから想像するだけで十分エキサイティングしてしまう。

山田さんのドラマは、タイトルの付け方が秀逸だと思う。
作品自体のすばらしさの前に、タイトルが表している妙を誰も言及しないけれど(過去数回タイトルのつけ方の秀逸さを取り上げている人も数人いたのはいた)、何十年も経ってからそのドラマから発していたものがほんの短いタイトルに凝縮していたことに気づかされたりもした。

早春スケッチブック
それぞれの秋
岸辺のアルバム
迷路の歩き方
シャツの店
ふぞろいの林檎たち

(列挙しきれない・・・)

そういう経験に基づいて、まだ始まってもいないドラマのタイトルから、そのドラマが私にもたらしてくれるであろう感動を想像する、そのことの幸福を今かみしめている。

奇跡といえば、私は私の50数年の人生で山田太一という人のドラマにめぐり合えたことの奇跡を思う。
17歳という人間形成にとって貴重な時期にめぐり合えたことも併せてそれから52歳となった今日までなんと大きな喜びをこの人からいただいたことだろうと思うと奇跡という言葉を使いたくなってしまう。

地味でしょぼい片隅の一主婦の人生を、山田さんのドラマがどれほど励まし温めてくれたことだろう。

そして、幸運なことにその感謝しても仕切れない片隅の一ファンの気持ちの一端は山田さんにお伝えすることができた(と思っている)。

もう、これ以上のことは望まなくてもいいかな、と思う。

これが最後の連続ドラマと山田さんはおっしゃっている。

いつからか、「もう連続ドラマは書かない」宣言を山田さんはあっちこっちで口にされていた。
そのことを山田ファンの多くはどこかで諦め切れなくていた。
私も。(なんどか直訴したこともあったなぁ)

でも、もうこれが最後とおっしゃる山田さんの言葉に頷くことにしよう、と私は思っている。

抗い切れないものがあるということ、諦めなくてはならないものがあるということ。


そういうことを山田さんのドラマから私たちは学んだはずだから。


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
タバスコ
年齢:
61
性別:
女性
誕生日:
1956/05/26
職業:
兼業主婦
趣味:
広範
自己紹介:
おもろいおばはん
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/01 タバスコ]
[07/30 ひる]
[12/13 タバスコ]
[12/12 NONAME]
[12/12 まちゃこ]
最新記事
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]